ヴィンプック省の自然-経済-社会的条件について概観

I – 自然的条件

1樹立の歴史

ヴィンプック省は旧ベトナム人のゆり揺り篭であり、有名なドン・ダウ旧跡がある。ヴィンプック省はヴィンイエン市とプックイエン町を結んで、1950年に成立された。行政変更の多度の後、ヴィンプック省は正式的に1997に再設立された。

2014年まで、ヴィンプック省は面積(1,238 Km)、人口(103万人)、人口密度(824人/Km2)。

  1. 地理位置

ヴィンプック省は紅河デルタ地方に位置しており、北部の重要な経済地域に指定された。北側(タイグイェン省、トゥイィンクアン省)、西側(フートー省)、東南側(ハノイ市)に近接する。

ヴィンプック省は国道2号線とハノイ・ラオカイ鉄道を沿って、ミッドランドと山の真ん中地域で、ノィバイ国際空港に近い、ハイプオン省に国道5号線を通して深い港カイランまで道路18号線に行けるということだ。有利な位置のおかげでヴィンプック省はベトナム北部の経済ロビーの分になっている。

  1. 地形

ヴィンプック省はミッドランドと紅河デルタ地方との間中の地域に置いている。ですから、北西から東南までデルタ・ミッドランド・山という3形態が含まれる。

山の面積(65,500ha )、次の地域が北西側から東南側のミッドランドで面積(25,100 ha)、デルタ面積(33,500 ha)。

  1. 気候、気象

気候: 季節風エリア、高温多湿、平均熱(23,2 – 250C)、雨量(1.500 – 1.700 mm)、平均多湿(84 – 85%)、晴れる期間(1.400 – 1.800時間)。普通は風向が東南側(4月- 9月)、東北側(10月から来年の3月)、霜付けることもある。特に、Tam Đảo山の周り地域では一年中涼しい(平均熱度=180C)森林山はは落ち楽、旅行に適当する。

気象:ヴィンプック省には紅河とロ河が走っている。紅河が(ヴィンプック省=50km)土地に肥える砂洲をあげた、ロ河が(ヴィンプック省=35km)うねうね、細くて、瀬が多い。

  1. 財源・鉱産

ヴィンプック省の財源が水財源、土財源、鉱産財源、旅行財源も含まれる。

水財源:地下水と表面水があり、Pho Đay河, Phan河, Ca Lo河と湖(Đai Lai湖, Xa Huong湖, Van Truc湖, Đam Vac湖..)には巨旧的な水量を預けて、人民生活や生産活動を供給している。下水量があまり多くなくて、日夜に当たる100万m3を供給できる。

土財源:土地質グループが砂洲と山土質2つ種類ある。2014年まで全面積(123.752,31ha)、農業土地面積(86.929,72 ha=70,24%)非農業土地面積(34.651,62ha=28%)、未使用土地面積(2.170,98ha=1,75%)。

森林財源:2014年まで、ヴィンプック省には全土地(林業面積=3万2千ha、生産森林面積=1万3千ha、防林(4千ha)、特別森林(1万5千ha)。特に、Tam Đao国家森林(1万5千ha)には自然動物(木の種類=620、鳥、動物種類=165)を守るところである。動物は紅本にビントロング、ももんが、ゴリラなどが入れることがある。植物や動物のジーンを守る以外、水源の調節、観光、旅行などの役割をすることもある。

鉱産財源:一般、ヴィンプック省は山とミッドランドの間中に置いてから、鉱産財源が貧しい。売り出し価値の鉱産は建設石、カオリン、泥炭があるが、埋蔵量があまり多くない、開発が限るといえる。

旅行潜在:ヴィンプック省は自然旅行と人文旅行のポテンシャルがある。Tam Đao山は 弧状(縦50 km、幅10 km)、観光がいい、気候が清潔で涼しい。特に、Tam Đao国庭と原生森林には十分にたくさん動物種類が守られた。

その他、ヴィンプック省には河といい地形の湖沼(Đai Lai湖、Di Nau湖、 Van Truc湖、 Đam Vac湖、 Dam Dung湖, Thanh Lanh湖…)がある。

自然旅行ポテンシャルはヴィンプック省の経済-社会発展の原動力になる。

  1. 行政ユニット

ヴィンプック省には行政ユニトが9つある(ヴィンエィン市、プックエィン町、Binh Xuyen県, Lap Thach県, Song lo県, Tam Duong県, Tam Đao県, Vinh Tuong県, Yen Lac県)

ヴィンプック省のセンターはヴィンエィン市(ハノイから50km、ノィバイ国際空港から25km)である。

  1. 人口と人材

2014年の人口=約103万人、男性=50万人=49,39%、女性=52万人=50,61%。人口増率(11%)、労働力=60%、専門短期大学卒業労働力=63%。労働者は国家企業=8,2%、民間企業=86,6%、海外企業=5,2%を占める。

全省には561学校、550小学校があり、大学・高等・専門学校が13個(学生数270900人)。49教育訓練所(高等学=5社、職業中級学校=2、高等・専門中級学校=9、職業訓練学校=27、職業拠点=6)。教育規模(132983学生、毎年会社に満足できる卒業生=26.000人 )。その他に、労働者の教育応援政策が作成された。人口の加速とともに、労働力もひどく増加つつある。毎年、省にも労働市場に入る人口が約1万人以上上がることから、人材のポテンシャルを利用して経済・社会発展をさせると分かる。

II – 経済・社会発展

18年平均成長率(1997-2014):14.8%/年

人当たりGRDP:70-75兆ベトナムドン/年/人(~32億米ドル)2015年の予定

人当たりGDP:7000万/一人/年(2015年の予定)

2015年経済機構(予定):

工業⊸建設業:62.1%

商売⊸サービス業:28.5%

農林水業:9.4%

輸出入金額

輸出金額:15-20億米ドル(2015年予定)

省別競争能力指数(PCI):

2010年:61.73点、15位、Excellent

2011年:62.57点、17位、Excellent

2012年:55.15点、43位、Good

2013年:58.86点、26位、Good

国内直接投資纏め:2015

プロジェクト件数:583

登録資本:43兆 9億

外国投資纏め:2015

プロジェクト件数:190

登録資金:31.7億米ドル

登録資本

2020年まで経済・社会発展目標:

2015年までの目標は工業省向けに基盤的な要素が十分。また、2020年は工業省になって、国家の工業・サービス・旅行センターで、人民の生活の向上、環境、軍事安全ということでヴィンプック町になる目標とする。

経済の目標:

– GDP成長加速(2011-2020)は14-15%に満たす。

– 工業・サービスへ経済構造移転が強化する。品質高い産業、現代的な技術、労働力レベルの向上させるという。2011 – 2020段階はサービス比率が高くにして、省の特徴に相応しいとする。

– (実際価格より)経済構造(2015年に)の予定は:工業・建設(61-62%)、サービス(31-32%)、農森水(6,5-7,0%)。2020年の予想:サービス(38%)、農森水(3-4%)、工業・建設(58-60%)。

– 平均2015年GDP:3.500-4.000USD、平均2020年GDP:6.500-7.000USD

– 海外経営発展、輸出強化、輸出成長加速(2011-2020)30%、2020年の輸出金(135億ドル)に励む。

– 社会資本金と2011 – 2015段階の発展:140兆-145兆ドン、2016-2020段階:280兆-300兆ドン。

社会目標:

– 健全な社会発展するように大事のことは人民に関心すべきである。教育も中心されて、労働者が経済・社会状況に適当させて、教育労働者の比率が2015年に66%、2020年に75%に向上させることにする。

– 医療について国際標準の村、区の100%に達成。

– 5才以下のこどもの栄養失調比率を5%以下に減少、出生率を0,15‰/年を減少、自然人口加速を1%/年を限る。

– 2020年まで、基盤的に貧乏な家族がないことを目標とする。

環境守る目標:

– 水質:

+ 工業団地で環境標準により排水処理する。

+ 都市地域に清潔な水システムを完全する。

– 空気質:鉄鋼、セメント、水産製造工場の汚染を解決する。

– 土地の質:土地質の汚染、ゴミを分けて、処理する。

– 森林土地を埋める率:26,7%に向上する。

– 清潔な水を使用できる人民(2015年:82,5%)、(2020年:95%)。

– 2015年の清潔な水を使用する農村(2015年:100%)。