Monday, 06/08/2018 15:22:46 (GMT+7)

日本、東京に投資促進セミナー 開催

2018年7月25日午後、駐日本ベトナム大使館、住友商事、タンロンビンフック工業団地有限責任会社、Jetro (日本)との協力のお蔭でビンフック省より開催された「ベトナム国、ビンフック省に経営投資機会」というセミナーには日本の100社以上が参加していました。

セミナーには100社以上の企業や組織が参加していました。

最初、駐日本ベトナム大使 特命全権大使 グエン・クオック・クオン様は経済社会発展を始め、海外投資誘致事態、ビンフック省の経営投資環境の有利点などについて発表しました。続きまして、ビンフック省人民委員会 委員長 グエン・ヴァン・チー様はビンフック省の経営投資の潜在、機会について紹介しており、その中に日本案件が35件あり、総資金が10憶ドルで2位に立って韓国の後だけです。経営生産の効果が高く評価されて実現資金も一位になっています。

グエン・ヴァン・チー 委員長はセミナーで発表していました。

工業団地管理委員会 委員長 ブイ・ミン・ホン様はビンフック省の工業開発、投資誘致政策について紹介しました。特に、誘致業界が応援工業やハイテク工業案件を集中します。ビンフック省には工業団地は19か所あり、面積が5600  haですでに稼働しているのは12か所の工業団地があります。Toyota、Honda、Nissin、Exedyといった大手な会社が早くに進出して頂きました。

トヨタベトナム会社 経営部長 Kajikawa様はベトナム国ビンフック省への投資経営について説明しました。タイやインドネシアの強い発展ように達成していないベトナムは2018年に課税政策の調整されたり住民所得向上のお蔭でわが会社の展望が開けます。ビンフック省はトヨタのベースインフラ整備、公安保護、問題解決にいろいろ手助けました。

みずほ銀行は日本企業投資促進応援に関してビンフック省人民委員会と協力覚書をしました。みずほ銀行はベトナムでホチミン市及びハノイ市で支店があり、ベトナムで日本の900社と協力関係が預かります銀行です。みずほ銀行ハノイ支店 Daisuke Imaichi課長はベトナムの投資経営環境が改善されており、政治公安も安定なことで日本投資家に対していい場所ですと強調しました。

2016年に住友商事はビンフック省に投資経営の計画を決めました。投資案件は面積が210 ha でさっさとインフラ整備をして投資家を呼び掛けます。セミナーにタンロンビンフック工業団地有限責任会社 総社長Nobuta様によると工業団地は地位も交通も便利なところで洪水や地震なし、国際標準のインフラでレンタル費も安いと発表しました。展開過程では地方政権の協力のお蔭でプロセスが予定より早かったです。ビンフック省は日本企業を投資許可、募集応援、優遇政策案内ができるようにJapan Deskを設立しました。Nobuta様は住友商事及びタンロンビンフック有限責任会社が自分の能力をもって工業団地をつくづく入居させますと期待しました。

訪日を機に、ビンフック省訪問団体は住友商事の事務所に行きました。ビンフック省の誇り企業として感謝をしており、タンロンビンフック工業団地が丸ごとに入居された後別な工業団地を検討してほしい目的とします。

セミナーには準備が十分で、テーマが自動車開発でいろいろな客が来るということです。セミアーを通して各日本組織、企業が投資環境や投資環境が分かれるようです。セミナー後、ビンフック省人民委員会 委員長、タンロンビンフック工業団地 総社長に挨拶して投資計画を説明する投資家が多かったです。

ビンフック省人民委員会 委員長 に挨拶して投資計画を説明する投資家

訪問団体はSuruga会社、Misumi会社グループに自動車の生産を見に行きました。Takaaki Wada社長は会社の状況を紹介しました。1964年に設立しており、55年間に国外内でブランドを肯定できます会社です。現在、グループは24工場あり、17製品の種類で、2700企業を供給するわけです。訪問団体の代表としてグエン・ヴァン・チー様はSurugaグループの成功を高く評価してビンフック省へ投資計画を大歓迎を現れました。人民委員会はいつも応援していくと強調しました。

投資促進訪問団体はSuruga会社指導者と会談

日本で投資促進をする中には大阪及び東京都でいろいろな貴重な建築に関しての経験を見学しました。日程を終わり、訪問団体は韓国に行きました。

グエン・ティエン・ハィン - 省人民委員会 福官房長