Wednesday, 25/07/2018 9:28:18 (GMT+7)

Australia国で投資促進活動

Zealand国での投資促進活動を続きまして訪問団体は2018年6月21日にAustralia国に移動していました。

Melbourneでのハイテク農業ファームのモデルを見学した。

2018年6月21日朝、訪問団体は在Australia国ベトナム大使館の打ち上げにトマト園に見学しに行きました。ここはホランドからMelbourne首都から40 km距離の場所です。参加者にはベトナム戦争中央機関の代表者 チャン・バー・フック様もいました。

Melbourn市でビンフックPrimeグループの元福取締役 タイ・フォン・ニャー様はファームの所有です。ファームには面積が05 ha、産量が65kg/m2/年、年の売り上げが300万AUドルです。ホランドハイテクを適当するファームです。

訪問団体はファームで見学していた

ハイテクファームを見学上で、訪問団体の団長は高級な技術を認めてMelbourne市の上品を高く評価していました。Australia国に成功を抑えた事業をベトナム国のビンフック省に持って実験してほしいと言いました。同時に、ビンフック省の農産をAustralia市場に輸出することを検討してほしい。

Australiaビジネスマン協会 訪問

2018年6月21日午後、Australiaでのベトナムビジネスマン協会に訪れました。ベトナム戦争中央機関 チャン・バー・フック様はベトナムビジネスマン協会 委員長及び協会 メンバーが受付ました。

Australia国でビジネスマン協会が2010年の中に設立されました。設立の後、ビジネスマン協会はビジネスマン間の合わせたりいろいろな活動をしていました。多くのベトナム人はベトナムに帰国する前に協会に来ました。

会合ではチャン・バー・フック様はビジネスマン協会の活動について紹介しました。その中に貿易活動に関してもいろいろな相談をしてあげました。同時に、協会はAustralia国へベトナムの果物の搬送を勧めました。将来、ドラゴン、竜眼といった輸入許可の3つの種類の果物を報じますということです。

Australia訪問団体の団長は協会にお土産を贈与していました。

チャン・バー・フック様はビンフック省の指導者及びビジネスマン協会の能力でベトナム農産物がAustraliaに入れるとして期待をします。
チャン・ヴァン・ヴィン様はビンフック省の経済社会発展、経営投資環境の改善について説明しました。ヴィン様はAustralia国の帰国者がベトナムで農業ハイテク事業、教育事業をやっていただきたいと述べました。そして、ビンフック省への来て来ればよろしい。フック様はヴィン様の招きを受けて必ずビンフック省に行きますと言いました。

最後mヴィン様は訪問団体のメンバーを幸福、発展をお祈って申し上げました。

AustraliaMelbpurneRMIT大学の指導者委員会に訪問

2018年6月22日、訪問団体はRMIT大学に会合しました。副学長として教育協力担当するAndrew Maclntyre様は訪問団体を受付ましていました。

RMIT大学は1887年に設立されて学生数が73900人です。大学で建設、建築、アート、貿易、通信技術、ファッション、環境関係分野といった合わせて470コースを提供するわけです。英語、大学、進学なども評判がいいです。Australia国に高級な大学を見なされるということです。

Andrew Maclntyre様は大学の歴史、発展過程について案内してました。その他、将来の人材教育協力にも述べました。海外人材の教育のため、見学を歓迎していると言ました。

チャン・ヴァン・ヴィン様はAndrew Maclntyre様をはじめ大学メンバーをいろいろな意味ある情報を受けられて感謝しました。ビンフック省は研究者、学生たちを派遣すると考えますので大学の専門家がビンフック省の教育に見学していただけばよろしいと言いました。

Australiaチャン・ヴァン・ヴィン様とRMIT医学の指導者との会合

Australia国、Canberra首都でベトナム大使館に訪問

2018年6月23日、チャン・ヴァン・ヴィン様をはじめ訪問団体はベトナム大使館に行きました。大使 ゴー・フオン・ナム様及び 各参事官 は訪問団体を受付ていました。

Australiaチャン・ヴァン・ヴィン様ベトナム大使館に会合

大使ゴー・フオン・ナム様はビンフック省の投資促進能力について高く評価しました。 大使はCanberra首都でベトナム国グエン・スアン・フック首相とMalcolm Turnbull首相tにより2018年3月15日にて会合に話しました。そして戦略パートナー関係設立の文書について概要を紹介しました。2018年まで両国の外交関係設立が45年間になるということです。それに従って両国でいろいろな交流活動が行われると言いました。

ナム大使はベトナムだけではなくビンフック省の市場の農産を輸入することに対して勉強会が必要だと考えました。 Australiaは品質検査が厳しくて衛生標準がきついとみられます。Australiaの市場に入れる農産物は特別な証明書を受けられると見なすから他の国にも入る可能性が高いと言われました。輸出市場が広がるつつある。

訪問団体の代表としてチャン・ヴァン・ヴィン様はAustralia国Canberra首都にベトナム大使館から協力していただきお礼を申し上げました。その他、チャン・ヴァン・ヴィン様はナム大使と関係様にビンフック省の経済社会発展、投資環境改善、教育誘致について紹介していました。ビンフック省は赤いドラゴンを輸出するように指導しています。ヴィン様はビンフック省の農産輸出、幹部教育応援に関わって大使館から協力して頂きますと述べました。

Australiaベトナム領事館に訪問

2018年6月24日、訪問団体はSydneyでベトナム領事館に着きました。領事館長 チン・ドック・ハイ様と幹部が受け付けました。

ヴィン様はCanberra首都でのベトナム大使館で話したとしてビンフック省の経済社会発展、経営投資環境について紹介しました。訪問団体を代表してここで見学、ビジネスする組織、個人を応援に対して高く評価しました。 同時に、領事館のお蔭でビンフック省への投資家を紹介してもらったり、赤いドラゴンの輸出したりすることも強調しました。その他、品質の人材の教育べく協力して頂きたい。領事館の代表様はビンフック省の提案を受けて赤いドラゴンについて詳しく検査しています。その後、潜在の投資家を紹介したり人材育成にも協力していきます。

Australiaヴィン様はベトナム領事館に訪問

Sydneyでベトナム領事館の訪問は出張日程を終わりました。2018年6月25日に、訪問団体は無事に帰国していました。訪問団体のメンバーは出張際にベトナム政府のルールや外国のルールを守りました。

記事と写真:チャン・ホアイ・ヅオン -  PAA Vinh Phuc