2017年5月に発効する政策(パート2)

Wednesday, 07/06/2017 9:49:23

①.畜産におけ禁止物質を使用 1億ドン罰金 この内容は、水産、獣医、家畜品種、畜産食品、森の保護・発展・管理及び林産の管理における行政違反処分に関する政令第41/2017/NĐ-CP号に定めています。 従い、2017年5月20日以降、水産業・畜産業におけ禁止物質を使用すれば、一つの禁止物質に当たり最大に1億ドンを罰金されます。具体的に、畜産食品の生産、加工、経営におけ禁止物質を使用すれば、一つの禁止物質に当たり7000万~1億ドンを罰金され、6~12月間に稼働を停止されます(旧規定は1~3月間)。 同時に畜産業における禁止物質を含有する整品の運送、経営、収集、保存、虐殺、処理、加工の行為に4000~5000万ドンを罰金します。 ②.行政違反処分のイメージで日、時間を表示すべき 陸路交通の分野における行政違反の根拠の目的に実際のイメージを撮る際に、イメージには日月年、時分秒とイメージを撮る場所を表示すべきです。 実際のイメージを撮る際に、カメラは日月年、時分秒とイメージを撮る場所を表示する機能があるべきです。イメージを撮る場所を表示する機能がない設備の場合に、結果確認書にはイメージを撮る場所を記載しなければなりません。 (陸路交通の分野における行政違反の根拠の目的のカメラ、行政違反処分に関する通達第06/2017/TT-BGTVT 号は5月1日に発効します)。 ③.チラシを配る人と広告する人も処分 5月5日以降、美観、社会秩序、交通安全に影響を与えるチラシを配る行為に警告し、或いは20~50万ドンを罰金します。美観、社会秩序、交通安全に影響を与えるチラシで整品・サービスを広告する者に対し、500~1000万ドンを罰金します。 (著作権、その関連権における行政違反処分、文化・スポーツ・観光・広告の分野における行政違反処分に関する政令第28/2017/ND-CP号は5月5日より発効します)。 ④.停車しなくても陸路使用費を納められる 5月15日以降、陸路使用費を負う陸路車両はe-TAG(イー・タグ)を取り付けるべきです。e-TAGを取り付けることは検車施設、又サービス提供者に委任される代理店で実施されます。車両所有者は最初のe-TAG取り付けるに費用を支払なくてもよいですが、e-TAGが失い、或いは壊れる場合にはサービス提供者にe-TAG取り付けるの費用を支払いになります。 (自動電子方式で陸路使用費を収めることに関する首相の決定第07/2017/QD-TTg号は5月15日より発効します)。

2017年5月に発効する政策(パート1)

Wednesday, 07/06/2017 9:47:58

①.廃棄物を違法に排出 1.2億ドンまで罰金 水・鉱産財源の分野における行政処罰に関する2017年5月20日付け政令第33/2017/ND-CP号によると、次の行為に対する罰金は3000~5000万ドンから1~1.2億ドンに上がります。 ・許可書に規定する位置及び座標に従なく水源に排出する。 ・許可書に規定する制度及び方式に従なく水源に排出する。 さらに、当政令は、水の損失をもたらす工事・施設を管理し、運行する行為に1000~1500万ドンを罰金すること(旧規定は600~800万ドン)など、水源保護におけるいくつかの違法行為に対する罰金も上げます。 ②.関連者間取引の価値を確定する書類を免れられる3つ場合 関連者間取引が発生する企業に対する税務管理に関する政令第20/2017/ND-CPは2017年5月1日に発効します。 従い、関連者間取引の価値を確定する書類を免れられる場合は次のように定められています: ・税金計算の期に、500億ドン下の収入、300億ドン下の全ての関連者間取引の価値を発生する納税者; ・年次報告書を提出する価値の確定方法についての協議を未然に締結した納税者。 価値の確定方法について未然に協議することを適用する範囲に属しない関連者間取引に場合は、規定に従い関連者間取引の価値を確定する責任を負います。 ・簡単に経営し、無形資産の開拓・使用による費用・収入を発生しなく、2千億ドン下の収入があり、支払金利前企業所得税引前利益の比率を次のように適用する納税者: 分配:5%以上、生産:10%以上、加工:15%以上。 ③.固定資産の減価償却費 2017年の新規定 固定資産の減価償却費の使用・管理に関する通達第147/2016/TT-BTC号及び通達第45/2013/TT-BTC号を修正する通達第28/2017/TT-BTC号は財政省により発行しました。 従い、企業の経営活動と売買や賃貸の両方の目的に使用される住宅の場合に、企業はいずれの目的による住宅の価値を別に確定し、計算しなければなりません。 具体的に、企業の経営活動と賃貸に向きの面積(ファイナンスリースの場合を除く)は固定資産として、法規に従い使用され、管理され、減価償却費を計算されます。 売買に向きの面積は固定資産としなく減価償却費を計算されません。 通達第28/2017/TT-BTC号は2017年5月26日より発効し、2016会計年度以降適用されます。 ④.土地使用権に関するいくつかの契約の見本を解除 この内容は複数の法的文書を排除する通達第04/2017/TT-BTP号には定められています。 従い、共同通達第04/2006/TTLT-BTP-BTNMT号を解除されます。同時に、共同通達第04/2006/TTLT-BTP-BTNMT号に付ける、土地使用権に関する、公証役場及び地区級人民委員会に向きの契約の見本も解除されます。 例えば、個人・世帯の農業土地使用権の変換契約;土地及び土地に定着する財産使用権の譲渡、寄付、担保、賃借の契約;土地使用権の譲渡、寄付、担保、賃借の契約;土地に定着する財産使用権の譲渡、寄付、担保、賃借の契約;土地及び土地に定着する財産使用権で資金を出し合う契約;土地使用権で資金を出し合う契約;土地に定着する財産使用権で資金を出し合う契約。

2017年3月に発効する注目すべき政策(パート2)

Monday, 13/03/2017 13:25:15

行政違反処理を強制 10~15万ドンの手当 財務省の通達第05/2017/TT-BTCは3月2日に発効し、行政違反処理決定を強制に執行する事業に置ける管理、経費の先払い、償還を規定しています。 それに従い、強制される対象は政府の政令第166/2013/ND-CP号に定められている強制への経費を負うべきです。当通達は強制事業に直接に参加をする人への手当につきはっきり定めています。 強制に参加をする強制事業を行う機関の幹部・公務員、強制事業に直接に参加をする公安、民兵、地方政府の代表者に対し、主催者に15万ドン/人/日、他の人に10万ドン/人/日を援助します。 税金の遅延支払い金を免ずる 商品・サービスを提供し、国家予算で勘定される者は、遅く勘定されるため税金を納めるのが期限に当たらなく税金負債になる場合、強制に税金を納める措置を適用しなく、国家予算からまだ勘定しない金額を超えなく税金の遅延支払い金を免じます。 税務機関は納税者の税金を納める義務を監察する責任を負い、納税者が国家予算からもう勘定されたが遅滞に税金を納めるのを発見すれば、負債の税金及び罰金、遅延支払い金についての通知を発行します。 (財務省の通達第06/2017/TT-BTC号は課税管理法ガイドラインの財務省の通達第156/2013/TT-BTC号の第34a条1項を修正、補充し、3月6日より発効します。) 金を買うに銀行から借りるのを禁止 3月15日以来、信用機関は次のな貸出需要に貸してはいけません:金の延べ棒の購入;事業投資を禁止される業類に置ける経営、投資;法律に禁止される行為及び取引の財務ニーズや経費を勘定すること;信用機関に借りる金額を返済すること、しかし建物の建設中に発生するローン金利を勘定することを除く;他の信用機関に借りる金額を返済すること。 以前のように上限金利を規定しなく、信用機関と客さんは貸付利子に巡り協議することができます。 ベトナムドンでの短期借入金の場合に、信用機関と客さんは国家銀行による各期間で決めた最大貸出金利を超えなく貸付利子に巡り協議することができます。 信用機関、外国銀行支店の貸出活動に関するベトナム国家銀行の通達第39/2016/TT-NHNN 号は3月15日より発効します。) ベトナム人に国際サッカー賭けをさせる 3月31日以来、ベトナム人は国際サッカーに最大に100万ドン賭けをできるようになります。賭けをする人は21歳以上、法律に基づき民事行為能力を十分に持っているのが必要です。企業や管理機関に求められる際に、賭けに参加をする資格を持つと証明するため賭けをする人は身分証明書類を示すべきです。賭けの一回に最小レベルは1万ドン、最大レベルは100万ドンです。 法規により、国際サッカーはベトナムの外に開催されるサッカー試合、サッカートーナメント、或いはベトナムで国際組織に開催されるサッカー試合、サッカートーナメントということです。賭けを経営する企業は賭けを経営する適格の証明書を持つ必要があります。 (ベトナム社会主義共和国に置ける競馬、競犬の賭け及び国際サッカー賭けの実験を経営、管理、行政違反処理に関する政令第06/2017/NĐ-CP号は3月31日に発効します。) 1千万ドンの収入 カジノでギャンブルをできる 3月15日以来、ベトナム人にカジノでギャンブルをさせる実験を行います。実験の時間は最初の企業にベトナム人にカジノでギャンブルをさせる実験を承認する際から3年間です。 カジノでギャンブルをするベトナム人は、21歳以上、法律に基づき民事行為能力を十分に持っている;父や母、義父、義母、夫、妻、子などの家族親戚或いは自身にカジノでギャンブルをしないように提案する書面をカジノ経営企業に提出されることはありません。 ギャンブルをする人は1月の定期的な収入が1千万以上、或いは税を負担する対象の3レベル以上を証明すべきであり;ギャンブルに参加をする切符の価格は一人当たり100万ドン/24時間或いは2.5千万ドン/月です。 (カジノ経営に関する政令第03/2017/ND-CP号は3月15日より発効します。) 車を買う、学校に行くため1億まで借りられる 3月15日以来、銀行は個人の客さんに、車両や家具、家庭用機器の購入、学習、医療、観光、文化、スポーツへの費用、住宅改修の費用という貸出需要、客さん及び家族の消費目的の商品・サービスの使用需要に貸しることができ、しかし客さんの一人に当たり消費者金融の総貸付金は1億を超えてはいけません。 消費者金融で車を購入しその車をその消費者金融こそにつきセキュリティプロパティとして使用する場合に、以上の総貸付金を適用しません。 (金融会社の消費者金融事業に関する通達第43/2016/TT-NHNN号は3月15日より発効します。)

2017年3月に発効する注目すべき政策(パート1)

Monday, 13/03/2017 13:23:41

15日間以内土地使用権証明書を発給、絡みがあっても発給される5類土地 3月3日より、土地法ガイドラインの政令第01/2017/NĐ-CP号によると土地使用権証明書を発給するのは15日間を超えなくにします。 具体的には、登記、さらに譲渡された人に土地使用権・土地に定着する住宅その他の財産の所有権証明書、又は投資組織の建物・住宅所有権証明書を発給することは15日間を超えなくに行われます(旧規定は30日間)。 土地使用権・土地に定着する住宅その他の財産の所有権証明書に土地に定着する財産所有権を補充するのは20日間の代わりに15日間になります。 失った土地使用権・土地に定着する住宅その他の財産の所有権証明書、建物・住宅所有権証明書の場合に再発給するのは30日間の代わりに10日間に3分の2減少されます。 さらに政令第01/2017/NĐ-CP号は次の5場合にも土地使用権・土地に定着する住宅その他の財産の所有権証明書を発給します:2014年7月1日以降土地使用に置ける土地法律の違反行為がある個人、世帯;交付権限の規定を遵守しない;土地使用権証明書に比べ土地面積を拡大;都市区建設の土地、農村住宅エリア、数々使用目的がある生産経営エリア;もう交付したが使用権持つ人を変わる手続きをまだ行わない場合。 高速道路50㎞づつ 1救急処置施設を設置 医療省の通達第49/2016/TT-BYTは高速道路に置ける交通事故救急の事業に関し定めています。 それに従い、交通事故救急の事業は遅滞なく救急し最も近い医療施設に運送できるため、早め、遅滞なく、効果あるという原則を確保すべきです。 交通事故救急の事業を負うシステムは次のような救急処置施設です: 高速道路にすでにある地区医療所、診療・治療の機能ある区/県医療センター、115救急センター、公立病院、私立病院などの診療・治療施設に付ける救急処置施設。 最低限に高速道路の50㎞づつ1救急処置室設置を配置すべきです。当通達は3月1日より発効します。 保険には電子取引ができる 3月1日より、社会保険、医療保険、失業保険の領域に置ける電子取引に関する政令第166/2016/ND-CPが発効します。人民は保険帳交付、保険制度の解決・支払い、鑑定又は診療・治療料の勘定、さらに保険制度に関する情報の交換など、保険の領域に置ける電子取引に参加をするように登記できます。 当政令も、社会保険電子証書を提出する者がベトナム社会保険機関のポータル或いはI-VAN組織を通じ、1日24時間、1週7日間電子取引を行われるようになると規定しています。 受ける機関は、社会保険電子証書を受けた時点から遅くとも15分の内に、提出した人のメールに社会保険電子証書をもう受けたと確認することを通報します。 工場に置ける労働者向き保険 3月1日より、工場で働く労働者が働く始める未然に、建設業入札者は労働者への強制保険を加入しなければなりません。その場合には最少の保険価値は一人当たりに1億ドン/事件です。労働者への保険の時間は工場で仕事を始める日からその建物の保証期間終了のまでになります。 労働者が工場での仕事が原因で発生する労災、職業病で負傷を負い、死亡すれば、保険組織は建設業入札者が労働者に賠償した金額を、入札者に支払う責任を負います。 (建設投資に置ける強制保険に関する政令第119/2015/ND-CP号をガイドする財務省の通達第329/2016/TT-BTCは3月1日より発効します。) 2017年3月1以来の長期治療を必要とする病気 長期治療を必要とする病気のリストを規定する通達第46/2016/TT-BYT号は2017年3月1日より有効になります。 それに従い、通達第14/2016/TT-BYT号に付ける長期治療を必要とする病気のリストを排除し、次の病気を補充し新しいリストを公布します: 妊娠・出産・産後に関する疾患群:流産、胞状奇胎、子宮外妊娠の後の合併症; 精神疾患群:強迫性障害における儀式行為;心的外傷後ストレス障害;特定の人格障害; 耳及び乳様突起の疾患群は耳鼻咽喉の疾患群に変わります。さらにその疾患群に以下の病気を補充します:パピローマ喉頭、 慢性中耳炎、 気道の瘢痕狭窄。 長期治療を必要とする病気のリストは労働者への保険制度を適用する根拠です。 投資案件に対する政府の保障 政府は、プログラムやプロジェクトのための債券の発行額及びローンの元の値につき、プログラムやプロジェクトの総投資額の70%を超えなく保証します。 国会、政府が投資方針を決定する投資プロジェクト、或いは即時に展開しなければならないプロジェクトの場合には、保証レベルは債券の発行額やローンの元の値であり、しかし投資決定による総資金の70%を超えてはいけません。Aグループに属する総投資資金2.3兆ドン以上のプロジェクトの場合に、最大の保証レベルは総投資資金の60%です。他のプロジェクトに、最大の保証レベルは総投資資金の50%です。 政府保証を得るため、借り手は次の条件に応じるべきです:法人資格を持ち、ベトナムで合法に成立され、稼働時間が少なくとも3年間の企業であり;政府保証を得るプロジェクトの総投資資金の中に所有者が出金した割合は最小限に20%;財政の状況が健全で、累計額欠損を持っていない企業であるということです。 (政府保証に関する政令第04/2017/ND-CP号は3月1日より有効になります。)

ベトナムの輸出入に関する2016年9月に発効する政策

Tuesday, 18/10/2016 16:18:04

ベトナムの政府及び各省庁は輸出入分野、特に輸出入税における複数の規定を公布しました。2016年9月に発効する政策をご紹介します。

2016年10月から有効になる新政策

Monday, 17/10/2016 15:03:38

2016年10月から政府首相、各部門機関により承認される新政策が有効になる。

2016年9月から有効になる新政策

Friday, 07/10/2016 9:48:42

2016年09月から政府首相による承認される新政策をアップデットされる。

2016年9月01日から有効になる新各政策

Tuesday, 27/09/2016 8:50:12

2016年09月から国会、各部のいろいろな新政策が発行された。

ベトナム2016年8月に発効する目覚ましい新政策(補充)

Tuesday, 09/08/2016 10:02:36

2016年8月より発効するほかの複数の新政策を補充する。

ベトナム2016年8月より発効する目覚ましい政策

Thursday, 04/08/2016 16:11:18

①–土地財政義務確定書類の詳細的ガイドライン 土地財政義務確定書類及び書類の受付プロセス、書類の移送に関する2016年6月22日付共同通達88/2016/TTLT/BTC-BTNMT は2016年8月8日に発効する。 前の規定に比べ、当共同通達は土地使用の場合ごとには土地財政義務確定書類を次のようにもっと詳細にガイドラインしている。 ・国家が土地使用権をオークションする形態以外で土地を賃貸、又は交付する場合 ・家族世帯、個人に対する土地使用権公認には証明書発給の場合 ・土地使用権をオークションする形態で土地を賃貸、又は交付する場合 ・土地に定着する財産の補充登録;土地使用形式の変更;土地使用期間の延長;土地使用権、又は土地に定着する財産の変換、譲渡、相続、贈与の場合 ・案件の詳細的建設企画の調整、或いは土地面接の広めによって財政義務を補充すべきになる場合。 当共同通達は共同通達30/2005/TTLT-BTC-BTNMTに代わった。 ②–法人所得税優遇のガイドライン 法人所得税、輸入税、農業目的以外土地使用税の優遇のガイドライン2016年6月17日付通達83/2016/TT-BTC は2016年8月1日より発効する。 それに従って、法人所得税優遇は次のように実施する: ・法人所得税優遇分野、或い投資優遇地域における新たなプロジェクトは法人所得税法に定めた分野・地域に対する優遇の規定に従って、法人所得税優遇を得られる。 ・経済区やハイテク区、工業団地、加工輸出区に置く新たなプロジェクトの場合は、当共同通達の第4条2、3、4項のガイドに従って実施する。 ・新たなプロジェクトが法人所得税優遇の多数の条件を満たされば、最も有利な優遇程度を選ぶことができる。 ③–建設許可に巡る新しいガイド 2016年6月30日付通達15/2016/TT-BXDは2015年1月1日以前建設許可が必要ないが、2014年建設法によって建設許可が必要になる工事に対する建設許可の発給をガイドしている。 (i)2015年1月1日の前に開始した工事は: ・建設許可の求めを必要なく建設続けるのができる。 ・設計を調整する場合、建設する前に、投資家は専門機関に調整設計を提出し、査定を受けらなければならない。 ・専門機関に設計を査定される対象に属しない単独住宅の場合、投資家は建設許可発給を負担する機関に調整設計を提出しなければならない。 (ii) まだ開始しない工事の場合、投資家は2014年建設法に従って建設許可を求めなければならない。 通達15/2016/TT-BXD は通達10/2012/TT-BXD 及び通達19/2009/TT-BXDの建設許可発給に関する各条項に代わった。当通達は2016年8月15日より発効する。 ④– 労働安全衛生に関する厳重さが要求される17業務 それは労働安全衛生に関する厳重さが要求される業務リストを公布する2016年6月16日付通達13/2016/TT-BLĐTBXH の内容である。それに従って、当リストは2013年10月18日付通達27/2013/TT-BLĐTBXH に公布された13業務のリストに代わった。 新しいリストに補充した業務は: ・作業床からの高さ2メートル以上のところで作業する業務 ・電離放射線に接する業務 ・30GHz~300GHz高周波電磁界に接する業務 ・陸上及び海上鉱産開拓、石油・石油製品開拓への工事、設備、化成品、液を創作、使用、運営、メンテナンス、修理する業務 通達13/2016/TT-BLĐTBXH は2016年8月1日より発効する。 ⑤–工場建設の査定、許可、見積のガイド 2016年6月30日付通達18/2016/TT-BXD(2016年8月15日より発効)は建設案件、設計の査定、許可、又は工場建設の見積に関する重要な原則を規定した。 ・規定より設計ステップが多い案件であれば、専門機関に規定によってステップのみを査定され、残るステップは査定されるかどうか投資決定者に決定される。 ・設計ステップの名称と内容が規定に違う国際慣習に従って実現される場合、専門機関は基本設計ステップ、技術設計ステップと施工図面設計ステップの同様な内容がある設計書類のみを査定する。 さらに、通達18/2016/TT-BXDによると、査定機関は次のような場合には査定書類を受けない: ・権限を持っていない機関に書類を提出する。 ・査定不要の案件、基本設計、工事建設設計・見積を提出する。 ・法律に適当しなく、或いは規定に従わない書類。 郵便で書類をもらった査定機関は提出者に書類受けない理由の文書を送らなければならない。 ⑥–外国投資家への建設許可書発給の検討時間を延長する ベトナムにおける建設事業する外国請け負い業者への建設許可書発給及びその管理に関する2016年6月30日付通達14/2016/TT-BXDは2016年8月15日より発効する。 それによると、専門機関の建設許可書発給の検討時間は合法的書類を受ける日から20平日になる(前規定は15平日)。 さらに、個人への建設許可書求めの書類は次のような新点がある: (i)次のものの抄本、或いは原文のイメージファイル フォーマットや他のフォーマット(*.pdf)カラースナップショット: ・入札結果、請負選び決定、或いは請負契約 ・個人の国籍持っている国或いは案件の実現国に発給された許可書や職業証明書、又はパスポートの抄本 (ii)投資決定、投資登録証明書、投資方針承認文書の原文のイメージファイル フォーマットや他のフォーマット(*.pdf)カラースナップショット。 […]

2016年7月発効する政府及び各省庁の新政策 補充

Monday, 25/07/2016 7:45:23

①-労働災害・職業病制度の実施のガイドライン 労働・傷病兵・社会省は、労働安全衛生法に制定された労働災害・職業病制度実施の一時的ガイドラインのオフィシャルレター2533/LĐTBXH-ATLĐ を発行した。 a, 労働災害・職業病手当を受けている労働者、又は労働災害・職業病で入院して2016年7月1日前退院した労働者に対する: ・2014年社会保険法及び2016年7月1日以前既に公布した労働災害・職業病制度のガイドラインに関する規定を適用する。 ・2016年1月1日から2016年7月1日までの間に出た医学的評価評議会の結論によって制度享受条件を満たす場合、2014年社会保険法の第45条1項b号に定める対象に労働能力喪失評価の費を支払いあげる。 b, 労働災害・職業病で入院して2016年7月1日以降退院する労働者に対する: ・制度享受条件、享受水準、書類、解決期限については2015年労働安全衛生法の第45、46, 48, 49, 50, 51, 52, 53, 54, 57, 58, 59, 60及び61に基づいて実現する。 ・2016年1月1日から2016年7月1日までの間に出た医学的評価評議会の結論によって制度享受条件を満たす場合、2015年労働安全法の第42条1項に従って労働能力喪失評価の費を支払いあげる。 詳細的ガイドラインは2016年7月7日付オフィシャルレター2533/LĐTBXH-ATLĐに規定された。 ②-企業登録証明書の変更登録を遅滞すれば、15百万ドンまで罰金 これは計画・投資分野での行政的違反処罰に関する2016年6月1日付政令50/2016/NĐ-CP に規定している内容である。同時に、そのように違反する企業は企業登録証明書の変更登録を強制される。 さらに、当政令は他の目覚ましい規定もある: ・既に登録した定款資本を十分に出資しない際に経営登録機関に定款資本変更を登録しない場合、10~20百万ドンを罰金される。 ・ 常時10人以上の労働者を使用する経営世帯は3~5百万ドンを罰金される。同時に、2014年企業法の規定に従って企業活動の設立登記をしなければならない。 当政令は2016年7月15日より発効する。 ③-毒素、感染素運送の条件 政府は財源環境分野での投資経営の条件に関する2016年7月1日付政令60/2016/NĐ-CP を発効した。 毒素、感染素という危険物の運送両車を操縦する人は次の条件を満たさなければならない: ・危険物運送許可書に記載されている運送両車に適当する施設の有効な操縦許可書が持っている。 ・次のような訓練証明書の一つがある: (i)毒素、感染素という危険物運送の訓練課程を過ごして、財源環境省に訓練証明書を発給された。 (ii) 化成品安全或いは他の危険物運送の訓練課程を過ごして、有限機関に訓練証明書を発給された。 (iii) 中級以上の化学専門がある。 当政令は2016年7月1日より発効する。 ④- インフラ開発援助 2016年6月10日付通達15/2016/TT-BNNPTNTによると、農業協同組合は次のインフラの投資開発を援助される。 ・住所の建物 ・天日塩庭、貯蔵庫、農業用品店 ・処理、加工工場 ・電力、水道、市場施設 ・耕作業、林業、塩の生産業の分野での灌漑施設、田内交通工事 ・水産業でのインフラ 当通達は2016年7月25日より発効する。

2016年7月1日より発効する政策

Monday, 18/07/2016 15:02:11

①-既に使用した設備の輸入条件 2015年11月13日付通達23/2015/TT-BKHCNによって、既に使用した設備の輸入は次の条件を満たさなければならない。 ・構造際より10年間を超えない。 ・国家技術基準(QCVN)、或いは国家標準(TCVN)、或いはG7諸国の安全、エネルギー節約、環境保護に関する標準に満たして生産された。 投資方針決定の必要の案件、投資方針決定の必要なく投資登録証明書の実施すべき案件など、投資案件(新案件及び拡大案件)につける既に使用の設備の場合: ・案件書類の中に既に使用した設備のリストがあって、有限機関に投資方針を決定され、或いは投資登録証明書を発給されば、以上の条件を適用しない。 ・必要がある場合、投資方針決定及び投資登録証明書発給の前に、投資方針決定機関、投資登録証明書発給機関が案件書類に属している既に使用設備のリストに巡る科学・技術分担機関の意見を求めなければならない。 既に使用した部品に対しては、生産企業が使用している機械を修理し、機械部分を代わる限り、部品を輸入できる。企業は自分で輸入するほか、代理企業に通じて輸入してもよい。 必要がある場合、また各業界によって、各省庁が以上の設備年齢の条件にもっと低く決める。 当通達は2016年7月1日より発効する。 ②-2016年7月1日以来財源税率を付加する 詳細的な規定は以下: ・金属鉱産: 鉄(12%→14%)、マンガン(11%→14%)、チタン(11%→18%)、金(15%→17%)、希土類(15%→18%)、白金・銀・錫(10%→12%)、タングステン・アンチモン(18%→20%)、鉛・亜鉛(10%→15%)… ・非金属鉱産: 建設、埋め立てへの土地(4%→7%)、石・砂利、石灰とセメント生産への石・砂利(7%→10%)、白大理石(9%→15%)、砂(11%→15%)、ガラス生産への砂(13%→15%)、ダイヤモンド(22%→27%)… ・ナチュラルミネラルウォーター、天然温泉水、瓶詰・缶詰天然浄水(8%→10%) ・水力発電への天然水(4%→5%) ・浄水生産への地下水(3%→5%) ・他の目的への地下水(5%→8%) 以上の税率の法的根拠:2015年12月10日付議決1084/2015/UBTVQH13、2016年1月20日付通達12/2016/TT-BTC ③-課税政策の新内容 2016年7月1日より、税金に関する諸法律の修正・補充法が発効する。当法律は付加価値税、特別消費税、課税管理に関する政策を修正し、補充する。 当法律は、高齢者介護の業界における投資の誘致、社会化の激励のために、高齢者介護サービスが付加価値税(VAT)を負担すべき対象とはなりません。 VATの本質に合って、さらにVATの控除申告、納め、還付に関する手続きを単純するように、当法律は最小限に12 ヶ月間(或いは4 四半期間)にわたり仕入 VAT累計額をまだ控除されない場合、残ったVATは還付されずに次の申告期のVATに控除されると規定している。 さらに、税金を納める対象に支援し、銀行貸出金利が一年間当たり8%~9%である状況に合うように、当法律は課税管理法に既に定めた0.05%/日の遅延利息率を0.03%/日に修正した。 ④-労働安全衛生法 2012年労働法に制定された労働安全衛生政策に比べると、労働安全衛生法はもっと労働安全衛生事業に巡って概括、詳細に定められている。労働安全衛生保護措置の以外、企業における労働安全衛生事業の仕組み、労災・職業病への賠償、援助、保険制度なども制定している。 労働安全衛生法によると、労災・職業病保険に加入する労働者は次の条件を完全に満たせば労災制度を得る: – 次の場合における労災: ・勤務場所及び勤務時間内に事故にあった場合、勤務場所及び勤務時間内に生活必要活動を行う際に事故にあった場合も含む。 ・雇用者の要求に従い、勤務場所以外で勤務する際に事故にあった場合。 ・通勤中(合理的な時間帯およびルート)に事故に事故にあった場合。 – 以上の場合における労災で5%以上の労働能力を喪失させる。 さらに、当法律によると、毎月雇用者は労災・職業病保険基金に払い込む義務を負担する。払い込む最大率は社会保険料算出基礎となる給与基金の1%である。 2015年労働安全衛生法は2016年7月1日より発効する。

2016年6月の新政策

Wednesday, 08/06/2016 7:21:30

2016年6月より、政府、首相及び各省庁のに公布された大事な政策は発行する。

2016年5月より発効する新政策

Tuesday, 10/05/2016 15:20:10

2016年5月1日以来、政府及び各省に制定された複数の政策は有効になる。

2016年4月に有効になる各新政策

Monday, 04/04/2016 13:55:36

政府及び各省に公布された複数の政策は2016年4月に発効する

  • ビンフック公行政開発センター

    出版の主任:阮进幸,ビンフック省行政手続き解決センター 会長。
    アドレッス:ベトナム国、ビンフック省、ビンイェン市、リエンバオ町、グエンチャイ通り5互。
    电子邮件:ipa@vinhphuc.gov.vn, ipa@ipavinhphuc.vn; 电话号码: (+84).211.3.616.618; 传真: (+84). 211.3.616.018.